過労死や過重労働の防止について解説します

コンプライアンス研修  >  

特別研修 過労死・過重労働防止研修

過労死・過重労働
防止研修
 Overwork

過労死・過重労働防止

過労死・過重労働の防止

研修の目的

現在、過労死や過重労働の防止が重要な課題となっており、官民をあげた取り組みが行われています。過労死や 過重労働を防止するためには、関係する労働法令の遵守はもちろん、パワハラの防止や相談窓口の設置等を通じて、 全ての従業員が安心して働くことができる職場環境を整備することが大切です。

この研修では、労働時間に関するルールをはじめとした労働法の知識に加え、良好な職場環境の整備、過労死や過重 労働の防止に向けた最近の動きについて、分かりやすく解説致します。

研修対象者

役員、コンプライアンス部門、総務・法務部門、人事・労務部門の責任者、社員など

弁護士イメージ

研修のポイント

ポイント1.労働時間に関するルール

法定労働時間、変形労働時間制、三六協定などの労働時間に関する ルールについては、労働基準法に規定されています。過労死や過重 労働の防止のためには、まずこれらの法律を正確に理解した上で、 自社の業務の内容に合った就業規則や賃金規程を整備し、これらの 遵守を徹底する必要があります。

ポイント2.良好な職場環境の確保

過重労働が発生する企業では、残業代の未払いやパワハラ等の労働 問題も合わせて発生している場合も多く見られます。このような問題 が発生しないように管理職をはじめとした従業員の意識を徹底すると ともに、内部通報制度の整備等を通じて、万が一、問題が発生した場 合に迅速に対応できる体制を構築しておくことが大切です。

ポイント3.過重労働の防止に向けた動き

近年では、過労死や過重労働の事件が大きく報道され、社会の注目 を集めるとともに、それらの防止が社会的に重要な課題となっており、 法改正に向けた議論をはじめとする様々な動きが見られます。企業に はこれらの動きを踏まえた上で、過労死や過重労働の防止に向けた 真のコンプライアンスを確立することが求められているといえます。

←コンプライアンス研修トップへ