不動産業界のコンプライアンス研修

コンプライアンス研修  >  

業種別・業界別の研修テーマ  >  

不動産業界のコンプライアンス

不動産業界の
 コンプライアンス研修
 Real Estate

不動産業界のコンプライアンス研修

不動産業界のための研修テーマ

研修の目的

不動産は、企業の業務や個人の生活にとって重要な基盤となります。そのため、不動産会社には、高いコンプライア ンス意識が求められます。特に、不動産の売買や賃貸借をめぐっては、様々な紛争が発生しやすく、訴訟に発展す るケースも多いため、トラブルの予防法や解決法について理解を深めておくことが重要です。

当事務所のコンプライアンス研修では、このような業界の特性も踏まえながら、不動産業界の企業に必要となる法律 知識を分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

不動産会社の経営者、役員、管理職、従業員など

業種別・業界別研修テーマ

研修のポイント

ポイント1.不動産取引

売買をはじめとする不動産取引では、取引規模や金額が大きい上、 権利関係が複雑になりやすいことから、トラブルの発生には特に注意 する必要があります。法律や契約の知識を踏まえて、トラブルを予防 することはもちろん、万が一、紛争が発生した場合の対応や、基本的 な不動産訴訟の類型についても知識を持っておくことが必要です。

ポイント2.不動産賃貸借・管理

不動産賃貸借をめぐる紛争は、解決までに長期間を要することも多 く、その間に、損害が拡大する場合もあります。賃借人の賃料の未払 いや無断転借をめぐる紛争のほか、建物の状態や管理上の問題に ついて、不動産会社が責任を問われるケースもあります。想定される トラブルの類型を把握した上で、事前予防をはかることが大切です。

ポイント3.法令による規制

不動産については、都市計画法や建築基準法等による規制が行われ ています。これらの法律は、行政法に分類され、民法とは異なる特徴 を持っています。不動産業界の企業には、許認可や行政処分などの 行政法における概念や、これらをめぐって紛争が発生した場合の対応 など、行政法への理解を深めておくことが求められるといえます。

←保険業界のコンプライアンス研修へ

建設業界のコンプライアンス研修へ→