飲食業界のコンプライアンス研修

コンプライアンス研修  >  

業種別・業界別の研修テーマ  >  

飲食業界のコンプライアンス

飲食業界の
 コンプライアンス研修
 Food Service

飲食業界のコンプライアンス研修

飲食業界のための研修テーマ

研修の目的

人の口に入る物を扱う飲食業界では、他の業界以上にコンプライアンスの徹底が不可欠です。また、数多くの店舗を 広いエリアに展開する飲食店チェーンにおいては、本部や担当者レベルでは、コンプライアンスの知識を有していて も、現場の店舗レベルまでは、意識や対策が浸透していないケースも見られます。

当事務所のコンプライアンス研修では、このような業界の特性も踏まえながら、飲食業界の企業に必要となる法律知 識を分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

飲食店、レストラン、料理店の経営者、役員、店長、従業員など

業種別・業界別研修テーマ

研修のポイント

ポイント1.食品不祥事の防止

近年、食品不祥事の問題は大きな注目を集めており、食の安全に対 する国民の関心はかつてないほど高まっています。飲食業界の企業 としては、過去の不祥事の事例等も踏まえながら、食中毒や食品偽装 の予防を徹底することはもちろん、万が一、トラブルが発生してしまっ た場合の対応についても、想定を行っておくことが重要になります。

ポイント2.店舗における労務管理

飲食業界のコンプライアンスにおいて最も重要となるのが、労務コンプ ライアンスです。違法な長時間勤務や、パワハラやセクハラなどが起 こらないように注意しなければなりません。労務管理について、企業 全体として、十分な教育や訓練に取り組むとともに、特定の従業員や 店長に過大な負担が集中しないような仕組みを作ることが必要です。

ポイント3.店舗用不動産をめぐるトラブル

飲食業界では、店舗の立地が極めて重要になるとともに、設備投資の 金額も多額になることが通常です。そのため、不動産の賃貸借をめぐ るトラブルは、飲食業界の企業にとって、大きなリスクにつながるおそ れがあります。契約トラブルの予防法や解決法について、法律知識を 踏まえた上で、適切な体制を構築することが大切です。

←アパレル業界のコンプライアンス研修へ

広告業界のコンプライアンス研修へ→