行政法のコンプライアンス研修

コンプライアンス研修  >  

分野別・法律別の研修テーマ  >  

行政法のコンプライアンス

行政法の
 コンプライアンス研修
 Administrative Law

行政法のコンプライアンス研修

行政法に関する研修テーマ

研修の目的

企業が事業活動を行う際には、各種の業法による許認可や規制が関係することが多くなっています。これらの業法と 呼ばれる法律の多くは、行政法に分類されます。そのため、行政法への理解を深めることは、自治体や官公庁だけ でなく、企業のコンプライアンスにとっても、極めて重要となります。

当事務所のコンプライアンス研修では、上記のような点を踏まえ、行政法とコンプライアンスに関するテーマについて、 分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

行政法に関心のある企業の経営者、役員、管理職、従業員など

分野別・法律別研修テーマ

研修のポイント

ポイント1.行政法の全体像

憲法や民法と異なり、「行政法」と呼ばれる単一の法典は存在してい ません。行政法とは、行政分野における法の総称であり、極めて多く の法律が、行政法に属しています。そのため、行政法を学習する際に は、行政法の範囲や分類、行政法に適用される法の一般原則などを 把握した上で、これらを常に念頭においておくことが重要です。

ポイント2.行政法の概念と用語

行政法では、様々な概念や用語が使われています。法律による行政 の原理、行政行為、行政指導などの重要な概念や、許可、認可、届出 の意味の違い等を、正確に理解しておく必要があります。また、行政 庁の処分、行政指導、届出等に関して、基本的なルールを定めている 行政手続法の内容についても、併せて理解しておくことが大切です。

ポイント3.行政争訟と国家補償

行政機関の行為により権利利益が侵害された場合に、これを救済す るための制度として、行政上の不服申立てや行政訴訟、国家賠償や 損失補償などの制度が設けられています。これらの制度をめぐって は、近年、法改正の動きもあり、実務における重要性が高まることが 予想されるため、基本的な知識を身につけておくことが大切です。

←個人情報保護法のコンプライアンス研修へ

環境法のコンプライアンス研修へ→