研修プログラム例

下請法

2 下請法が適用される取引①

2 下請法が適用される取引① ポイント1.下請取引の種類 下請法は、あらゆる取引に適用されるわけではなく、取引の種類と、親事業者及び下請事業者の規模によって、適用対象となる下請取引の範囲が定められています。このうち、取...
下請法

1 下請法の概要

1 下請法の概要 ポイント1.下請法の目的 下請法は、正式名称を「下請代金支払遅延等防止法」といい、第1条において、下請代金の支払遅延等を防止することによって、親事業者の下請事業者に対する取引を公正ならしめるとともに、...
自治体・公務員

2 公務員の義務

2 公務員の義務 ポイント6.法令等遵守義務 国家公務員法98条1項は、職員は、その職務を遂行するについて、法令に従わなければならない、と定めています。さらに、地方公務員法32条は、法令に加えて、条例、地方公共団体の規...
自治体・公務員

1 公務員の心構え

1 公務員の心構え ポイント1.国民の信頼の確保 行政機関にとって、最も重要となるのが、行政に対する国民の信頼を確保することです。公務員は、国民全体の奉仕者として、公平・中立な行政運営を行うとともに、国民の期待に応えな...
病院・介護施設

10 病院に必要なコンプライアンス体制

10 病院に必要なコンプライアンス体制 ポイント46.基本方針の明確化 コンプライアンスを確立する上で、最も重要となるのが、トップの役割です。医療機関においては、病院の経営者や病院長が中心となって、コンプライアンスの確...
病院・介護施設

9 病院における労働トラブルの防止

9 病院における労働トラブルの防止 ポイント41.医療機関の労働環境 病院をはじめとする医療機関の仕事は、人の生命や健康に関わるものであるため、仕事の内容がハードであることに加えて、勤務時間も長時間に及びやすいという特...
病院・介護施設

8 医療過誤と民事上の責任②

8 医療過誤と民事上の責任② ポイント36.民事裁判の手続 民事上の責任は、民事裁判によって追及されることになります。民事裁判は、原告による訴状の提出によって開始され、これに対する被告の答弁書の提出、法廷における口頭弁...
病院・介護施設

7 医療過誤と民事上の責任①

7 医療過誤と民事上の責任① ポイント31.民事上の責任とは 民事上の責任とは、医療過誤を起こした医師や医療機関が、患者やその家族から、損害賠償の請求を受けることです。行政上の責任や刑事上の責任とは異なり、患者に対する...
病院・介護施設

6 医療過誤と刑事上の責任

6 医療過誤と刑事上の責任 ポイント26.刑事上の責任とは 刑事上の責任とは、医療過誤を起こした医師が、刑事手続により刑罰を課されることです。以前は、医療過誤事件が刑事事件になることは 多くありませんでしたが、近年では...
病院・介護施設

5 医療過誤と行政上の責任

5 医療過誤と行政上の責任 ポイント21.医療過誤に対する法的責任 病院・医療機関のコンプライアンスにおいて、最も重要な課題となる のが、医療過誤・医療事故の防止です。万が一、医師や看護師等が医療過誤を起こしてしまった...