独占禁止法・下請法コンプライアンス研修|人材育成・社員研修のアクティブ・コンサルティング

独占禁止法・下請法コンプライアンス研修

独占禁止法・下請法は、企業のビジネスの様々な場面で問題となり、他のコンプライアンス違反と異なり、違法であるという意識がないまま違反行為を行ってしまうことが多いため、注意が必要です。特に、独占禁止法については、巨額の制裁金や個人に対する刑事罰のリスクがあるため、企業のコンプライアンスにおいて最も注意すべき法律であるといえます。アクティブ・コンサルティングでは、コンプライアンス研修を通じて、独占禁止法・下請法遵守に向けた企業の取り組みを支援致します。

人材育成・社員研修のアクティブ・コンサルティング

株式会社アクティブ・コンサルティングは、東京都中央区日本橋にあるコンサルティングファームです。1999年の設立以来、東証一部上場企業から中堅企業まで、幅広い業種・業界のクライアントを対象としたコンサルティング、人材育成や社員研修を行っており、特に経営戦略やコンプライアンスの分野で豊富な実績を有しております。詳細はアクティブ・コンサルティング公式ページをご覧ください。

当社の独占禁止法・下請法コンプライアンス研修の特徴

1.質の高い講師

独占禁止法・下請法は、企業のコンプライアンスの中でも専門的な知見が求められる分野です。また、経営と法律が交錯する分野であるため、経営と法律の双方についての知見も求められます。アクティブ・コンサルティングでは、これらの知見と豊富な経験を有する講師による研修を通じて、戦略的で実効的な独占禁止法・下請法コンプライアンスの確立をサポート致します。

2.実践的で豊富な研修テーマ

独占禁止法・下請法については、業種や業界ごとに注意すべきルールや発生しやすいコンプライアンス違反の類型が異なります。また、実効的なコンプライアンスの確立のためには、役員・取締役が率先して取り組むことや、法務・営業など各部門が協力することが欠かせません。アクティブ・コンサルティングでは、階層別・部門別、業種別・業界別など、実践的で豊富な研修テーマをご用意しております。

3.海外競争法にも対応

日本の独占禁止法にあたる法律は、世界各国にも存在し、海外競争法と呼ばれます。海外への輸出や現地進出が増加するとともに、海外競争法違反のリスクも増大しているといえ、多くの企業にとって海外競争法のコンプライアンスは重要な課題となります。アクティブ・コンサルティングでは、アメリカ反トラスト法、EU競争法、中国反壟断法などの海外競争法に関する研修テーマもご用意しております。

独占禁止法・下請法コンプライアンス研修テーマ

階層別・部門別の独占禁止法・下請法研修

階層別・部門別の独占禁止法・下請法コンプライアンス研修

独占禁止法・下請法は、企業のビジネスの様々な場面に関わるため、コンプライアンスについても、役員・取締役から現場の社員まで全社的な取り組みが必要となります。また、実効的なコンプライアンスの確立のためには、法務や営業などの各部門がそれぞれの役割を果たすことが求められます。加えて、海外競争法については、海外子会社・駐在員も含めたコンプライアンス体制の整備が必要となります。

階層別・部門別の独占禁止法・下請法コンプライアンス研修
階層別・部門別の独占禁止法・下請法コンプライアンス研修独占禁止法・下請法の違反については、横領や背任と異なり、会社の利益を守るためという動機が多くなっています。そのため、現場だけでなく、役員・取締役が率先してコンプライアンスに取り組む必要が...

業界・業種別の独占禁止法・下請法研修

業種別・業界別の独占禁止法・下請法コンプライアンス研修

独占禁止法・下請法のルールには、業種や業界ごとに様々な特色があります。特定の業種や業界を対象とした多数のガイドラインがあることに加えて、業種や業界によって法律上、問題となりやすいポイントも異なっています。自社の業種や業界において問題となりやすいポイントを理解した上で、自社の実情に合った独占禁止法・下請法コンプライアンス体制を構築することが大切です。

業種別・業界別の独占禁止法・下請法コンプライアンス研修
業種別・業界別の独占禁止法・下請法コンプライアンス研修独占禁止法・下請法のルールには、業種や業界ごとに様々な特色があります。特定の業種や業界を対象とした多数のガイドラインがあることに加えて、業種や業界によって法律上、問題となりやすいポイント...

体系別・類型別の独占禁止法・下請法研修

体系別・類型別の独占禁止法・下請法コンプライアンス研修

独占禁止法の法体系は、不当な取引制限(カルテル・入札談合)、私的独占、不公正な取引方法、事業者団体規制、企業結合規制などによって構成されています。下請法は、このうち、不公正な取引方法の一つである優越的地位の濫用の特別法と位置付けられます。独占禁止法・下請法においては、場当たり的な対応を行うのではなく、法体系を十分に理解した上でコンプラアンスを徹底する必要があります。

体系別・類型別の独占禁止法・下請法コンプライアンス研修
体系別・類型別の独占禁止法・下請法コンプライアンス研修独占禁止法の違反行為は、不当な取引制限(カルテル・入札談合)、私的独占、不公正な取引方法に分けられます。また、この他にも、事業者団体規制、企業結合規制などが存在しています。そのため、独占...

海外競争法コンプライアンス研修

海外競争法コンプライアンス研修

海外競争法は、その国に拠点が存在しない企業に対しても域外適用される可能性があり、企業に対する巨額の罰金・制裁金に加えて、アメリカ反トラスト法のように役員・従業員個人に対する刑事罰が科される場合もあり、企業にとって大きなリスクであるといえます。輸出や現地進出など海外に関わるビジネスを行う企業は、海外競争法を十分に理解した上で、コンプライアンスを徹底する必要があります。

海外競争法コンプライアンス研修
海外競争法コンプライアンス研修海外競争法のルールは、世界各国で調和が進んでいる部分と国ごとに異なっている部分があります。例えば、カルテルは世界各国で規制されていますが、違反に対する企業への罰金・制裁金や個人への刑事罰の有無などは国によって大...

独占禁止法・下請法について簡単にわかりやすく解説

独占禁止法とは?簡単にわかりやすく解説

独占禁止法とは

独占禁止法について、正式名称・英語名・目的、条文改正、罰則、カルテル、優越的地位の濫用などのテーマごとに解説します。

独占禁止法とは?簡単にわかりやすく解説
独占禁止法とは?簡単にわかりやすく解説独占禁止法について、正式名称・英語名・目的、条文改正、罰則、カルテル、優越的地位の濫用などのテーマごとに解説します。←独占禁止法・下請法コンプライアンス研修トップへ

海外競争法とは?簡単にわかりやすく解説

海外競争法について、定義・英語名、独占禁止法との違い、カルテル、クリアランスなどのテーマごとに解説します。

海外競争法とは?簡単にわかりやすく解説
海外競争法とは?簡単にわかりやすく解説海外競争法について、定義・英語名、独占禁止法との違い、カルテル、クリアランスなどのテーマごとに解説します。←独占禁止法・下請法コンプライアンス研修トップへ

お問合わせ

独占禁止法・下請法コンプライアンスに関するコンサルティング、研修、講師、費用等の詳細につきましては、下記のお問合わせフォームより、お気軽にお問合わせください。 

関連サイトへのリンク

コンプライアンス研修
コンプライアンス研修〜新型コロナウイルス感染症への対応について〜新型コロナウイルス感染症の予防及び拡散防止のため、会議室等で実施する集合研修のほか、各種Web会議システムによるオンライン研修にも対応致しております。お気軽にお問い合わせくださ
ハラスメント研修
個人情報保護法コンプライアンス研修
個人情報保護法コンプライアンス研修現代では、個人情報の重要性はかつてないほど高まっています。DX(デジタルトランスフォーメンション)やIoT(InternetofThings)の進展によって、個人情報の保護と活用は、規模や業種を問わず、あら
ビジネス法務研修
株式会社アクティブ・コンサルティングは東京都中央区日本橋にあるコンサルティングファームです。幅広い業種のクライアントを対象に、企業法務の人材育成を目的とする社員研修、セミナー、講演会等の講師のご依頼をお引き受けしております。
マネジメント・管理職研修
アクティブ・コンサルティング
独占禁止法・下請法コンプライアンス研修