個人情報保護法コンプライアンス研修|人材育成・社員研修のアクティブ・コンサルティング

個人情報保護法コンプライアンス研修

現代では、個人情報の重要性はかつてないほど高まっています。DX(デジタルトランスフォーメンション)やIoT(Internet of Things)の進展によって、個人情報の保護と活用は、規模や業種を問わず、あらゆる企業にとって重要な課題となっています。アクティブ・コンサルティングでは、個人情報保護コンサルティング、個人情報保護法コンプライアンス研修を通じて、個人情報の保護に向けた企業の取り組みを支援致します。

人材育成・社員研修のアクティブ・コンサルティング

株式会社アクティブ・コンサルティングは、1999年に創業されたコンサルティングファームです。東京都中央区日本橋を拠点に、戦略系のコンサルティングファームとして、東証プライム上場企業から中堅企業まで、幅広い規模・業種のクライアントに対して、経営戦略やコンプライアンス分野を中心に助言・指導を行っております。詳しくはアクティブ・コンサルティング公式ページをご覧ください。

当社の個人情報保護法コンプライアンスの特徴

1.実践的で豊富な研修テーマ

実効的な個人情報保護法のコンプライアンス体制を確立するためには、企業の各階層・部門がそれぞれの役割を果たす必要があります。また、業種や業界ごとに取り扱う個人情報の種類や利用方法などが異なるため、自社の実情に合った対応を行うことが大切です。アクティブ・コンサルティングでは、階層別・部門別の研修、業種別・業界別の研修など、豊富で実践的な研修テーマをご用意しております。

2.海外個人情報保護法にも対応

日本の個人情報保護法にあたる法律は、世界各国にも存在しています。海外に拠点がなくても、海外の消費者を相手にビジネスを行ったり、国境を超えてデータの移動を行う場合、海外個人情報保護法が適用される可能性があるため、注意が必要です。アクティブ・コンサルティングでは、EUのGDPR、中国の個人情報保護法などの海外個人情報保護法に関する研修テーマもご用意しております。

3.体制構築まで総合的にサポート

個人情報の保護対策においては、法令や違反事例を正確に理解し、全ての社員が個人情報の保護についての意識を持つことが第一歩となります。その上で、組織体制や社内規程の整備、運用と改善を行っていくことが必要になります。アクティブ・コンサルティングでは、研修の企画・立案・実施から、組織体制や社内規程の整備のための各種コンサルティングまで、総合的なサポートを提供致します。

個人情報保護法コンプライアンス研修テーマ

アクティブ・コンサルティングでは、個人情報保護体制の構築支援、個人情報保護法のコンプライアンス診断、個人助法保護規程、個人情報保護マニュアル、個人情報保護法研修計画の作成支援、eラーニング導入・DVD作成の支援など、幅広いコンサルティングを提供致します。

個人情報保護法コンプライアンス研修テーマ

業種別・業界別の個人情報保護法研修

業種や業界によって、取り扱う個人情報の種類は異なります。金融機関、医療機関、自治体・官公庁などは、センシティブな個人情報を取り扱う機会が多くなります。また、流通小売業、サービス業など直接、消費者に接する業界はもちろん、近年では、メーカーや自動車業界などにおいても、個人情報の重要性が高まっています。ここでは、業種別・業界別の個人情報保護法の研修の一覧を掲載しております。

業種別・業界別の個人情報保護法研修
業種別・業界別の個人情報保護法研修企業の業種・業界によって、取り扱う個人情報の種類や注意すべきポイントは異なります。以前から個人情報の保護が優先的な課題となっていた金融機関や医療機関はもちろん、現在では、あらゆる企業が、自身の業界の特徴を踏...

階層別・部門別の個人情報保護法研修

個人情報の保護における役割は、階層によって異なります。役員・取締役には全社的な個人情報保護の体制を整備することが、現場の従業員には日常業務の中で個人情報を保護することが求められます。また、営業部門では顧客や取引先の情報、人事部門は従業員や求職者の情報というように、部門によって取り扱う個人情報の種類も異なります。ここでは、階層別・部門別の個人情報保護法の研修の一覧を掲載しております。

階層別・部門別の個人情報保護法研修
階層別・部門別の個人情報後法研修企業は、多種多様な個人情報を取り扱っています。階層や部門によって、どのような個人情報を取り扱っているかや、個人情報の保護において果たすべき役割も様々です。個人情報を適切に保護・活用するためには、それぞれの階層...

法律別・類型別の個人情報保護法研修

個人情報保護法は、情報法の一分野と位置付けられます。企業が個人情報を取り扱う上では、プライバシー権や肖像権などの関連する権利、営業秘密や知的財産権の保護などの関連する分野についても理解を深めておくとよいでしょう。さらに、情報セキュリティ関連の法令についても重要となります。ここでは、法律別・類型別の個人情報保護の研修の一覧を掲載しております。

法律別・類型別の個人情報保護研修
法律別・類型別の個人情報保護研修個人情報の保護は、個人情報保護法だけでなく、関連するその他の法令も理解した上で行うことが効果的です。企業の責任者や担当者は、プライバシー権や肖像権などの関連する権利、営業秘密や知的財産権の保護などの関連する分...

海外の個人情報保護法研修

世界各国でも個人情報の保護やサイバーセキュリティーに関する法律の整備が急速に進められています。EUでは、2018年5月からGDPRが施行されており、日本企業が摘発された事例もあります。また、中国でも、2021年11月から個人情報保護法が施行されています。さらに、アメリカでは、カリフォルニア州のCCPAなどの州法による規制に注意が必要です。ここでは、海外の個人情報保護法研修の一覧を掲載しております。

海外・外国の個人情報保護研修
海外・外国の個人情報保護研修グローバル化が急速に進む中、海外の個人情報保護法の重要性が高まっています。海外に拠点を有する企業はもちろん、海外に顧客が所在する企業など、多くの企業において海外の個人情報の保護やサイバーセキュリティーに関する法律...

個人情報保護法コンプライアンス研修の必要性と目的

個人情報保護法研修を行う上では、まず、情報・データの漏えい・流出のリスクの増大、個人情報を含む各種の情報・データは、企業の経営資源・資産として高い価値を持っています。

個人情報保護研修の必要性
個人情報保護研修の必要性情報・データの漏えい・流出のリスクの増大経営資源・資産として情報・データ高度情報化社会となった現代において、個人情報を含む各種の情報・データは、企業の経営資源・資産として高い価値を持っています。情報・データの収集、分...
個人情報保護研修の目的
個人情報保護研修の目的個人情報保護研修を企画する上でまず重要なのは、何のために研修を実施するのかという目的を明確にすることです。目的を明確にすることで、個人情報保護研修の効果を最大限に発揮することができます。個人情報保護研修の目的としては、...

個人情報保護法とは?簡単にわかりやすく解説

個人情報保護法とは?簡単にわかりやすく解説
個人情報保護法とは?簡単にわかりやすく解説企業が個人情報保護の体制を整備するためには、まず個人情報保護法を理解することが第一歩となります。しかし、個人情報保護法には、独自の用語や概念が存在することに加えて、事業者に対する様々な義務が定められ...

関連サイトへのリンク

アクティブ・コンサルティングでは、個人情報保護法研修テーマ以外にも、様々な研修プログラムをご用意致しております。詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください。

コンプライアンス研修
コンプライアンス研修〜新型コロナウイルス感染症への対応について〜新型コロナウイルス感染症の予防及び拡散防止のため、会議室等で実施する集合研修のほか、各種Web会議システムによるオンライン研修にも対応致しております。お気軽にお問い合わせくださ
ハラスメント研修
ハラスメント研修セクシャル・ハラスメント(セクハラ)防止対策の強化は世界的な流れとなっています。また、パワーハラスメント(パワハラ)についても、労働施策総合推進法の改正により防止対策が義務化されています。さらに、マタニティー・ハラスメント(
独占禁止法・下請法コンプライアンス研修
独占禁止法・下請法コンプライアンス研修独占禁止法・下請法は、企業のビジネスの様々な場面で問題となり、他のコンプライアンス違反と異なり、違法であるという意識がないまま違反行為を行ってしまうことが多いため、注意が必要です。特に、独占禁止法につい
ビジネス法務研修
株式会社アクティブ・コンサルティングは東京都中央区日本橋にあるコンサルティングファームです。幅広い業種のクライアントを対象に、企業法務の人材育成を目的とする社員研修、セミナー、講演会等の講師のご依頼をお引き受けしております。

お問合わせ

個人情報に関するコンサルティング、研修、講師、費用等の詳細につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

お問合わせ
個人情報保護法コンプライアンス研修