契約法分野のコンプライアンス研修のポイント

コンプライアンス研修  >  

分野別・法律別の研修テーマ  >  

契約法のコンプライアンス

契約法の
 コンプライアンス
 Contract Law

契約法

契約法に関する研修テーマ

研修の目的

契約トラブルは、契約の解除や損害賠償請求を受けたり、信用やイメージが低下するなど、大きなリスクにつながる おそれがあるため、契約に関する法的ルールを理解し、トラブルを予防することが大切です。また、コンプライアンス の観点からは、消費者法による契約手続や契約内容への規制にも、注意しなければなりません。

当事務所のコンプライアンス研修では、上記のような点を踏まえ、契約法とコンプライアンスに関するテーマについて、 分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

契約法にに関心のある企業の経営者、役員、管理職、従業員など

分野別・法律別研修テーマ

研修のポイント

ポイント1.契約に関する民法のルール

契約の成立、契約の効力、契約の解除、損害賠償、典型となる契約 類型など、契約に関する基本的なルールは、主に民法の中の債権法 と呼ばれる部分に定められています。企業において契約交渉や契約 書の作成などの契約実務に携わる際には、最初に、このような民法 の基本ルールを確実に理解しておくことが不可欠となります。

ポイント2.商法・消費者契約法等によるルール

商法には、取引の迅速性や取引の安全を確保を重視した規定が置か れており、企業間の契約では、これらの規定にも注意しなければなり ません。また、事業者と消費者の間の契約については、消費者契約法 により、消費者の利益の擁護が図られているなど、契約の当事者や 契約の種類に応じて、様々な法的ルールが存在しています。

ポイント3.債権法改正の動向

現在、110年ぶりに民法の債権法の規定を改正する動きが進んでい ます。債権法改正をめぐる議論では、数多くの論点があげられていま すが、その中でも、消費者法の民法への統合、不実表示と契約の取 消し、約款・不当条項規制、契約交渉段階の規律、保証人の保護の 拡充等の論点は、コンプライアンスとの関係で重要といえます。

←労働法に関するコンプライアンス研修へ

独占禁止法に関するコンプライアンス研修へ→