海外法・外国法の研修テーマ

部門別研修テーマ

海外子会社・駐在員のコンプライアンス研修

海外子会社・駐在員のコンプライアンス研修 研修の目的 海外子会社・駐在員には本社の目が届きにくく、重大なコンプライアンス違反が起こりやすい傾向があります。また、競争法や贈収賄防止法などの分野については、現地の法令によっ...
海外法・外国法の研修テーマ

海外競争法・反トラスト法コンプライアンス研修

海外競争法・反トラスト法コンプライアンス研修 研修の目的 海外競争法は、企業のコンプライアンスにおいて重要となる分野の一つです。アメリカ反トラスト法やEU競争法については、日本企業が国際カルテルなどで摘発を受け、巨額の...
海外法・外国法の研修テーマ

海外個人情報保護法コンプライアンス研修

海外個人情報保護法コンプライアンス研修 研修の目的 近年、全世界で個人情報保護の強化が急速に進んでいます。2018年には、EU一般データ保護規則(GDPR)やカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)が制定される...
海外法・外国法の研修テーマ

海外贈収賄防止コンプライアンス研修

海外増収賄防止コンプライアンス研修 研修の目的 贈収賄の防止は、企業のコンプライアンスにおいて重要となる分野の一つです。日本では、刑法において贈収賄への罰則が定められています。また、グローバルに事業を行う企業では、日本...
海外法・外国法の研修テーマ

海外法・外国法コンプライアンス研修

海外法・外国法コンプライアンス研修 研修の目的 経済のグローバル化が急速に進展する中、コンプライアンスにおいてもグローバル規模での対応が必要です。特に、競争法、贈収賄防止法、個人情報保護法などの分野については、日本だけ...