研修テーマ

基礎の研修テーマ

公益通報者保護法コンプライアンス研修

公益通報者保護法コンプライアンス研修 研修の目的 公益通報者保護法は、公益通報をしたことを理由とする公益通報者の解雇の無効及び不利益な取扱いの禁止等、公益通報に関し事業者及び行政機関がとるべき措置を定めることにより、公...
特別な研修テーマ

令和2年 公益通報者保護法改正 対策研修

令和2年改正 公益通報者保護法改正 対策研修 研修の目的 令和2年6月、公益通報者保護法の改正が成立しました。今回の改正では、事業者に対する必要な体制の整備等の義務付け、行政機関や報道機関等への通報の条件の変更、保護さ...
特別な研修テーマ

M&Aのコンプライアンス研修

M&Aのコンプライアンス研修 研修の目的 企業の経営におけるコンプライアンスの重要性が高まっている現代では、M&Aにおいてもコンプライアンスの視点が不可欠であるといえます。M&A戦略の立案段階か...
基礎の研修テーマ

SNS・情報リテラシー研修

SNS・情報リテラシー研修 研修の目的 近年、SNS(Social Networking Service)の利用をめぐる問題がコンプライアンス上の重要なテーマとなっています。1人の従業員のSNSへの不適切な投稿が、いわ...
基礎の研修テーマ

残業代トラブル防止研修

残業代トラブル防止研修 研修の目的 近年、未払い残業代の問題が、社会の関心を集めています。万一、従業員や元従業員に対する残業代の未払いが発生した場合、裁判所における訴訟や労働審判に発展したり、多額の支払いを行わなければ...
基礎の研修テーマ

セクハラ・パワハラ防止研修

海外子会社・駐在員のコンプライアンス研修 研修の目的 セクシャル・ハラスメント(セクハラ)や、パワー・ハラスメント(パワハラ)は、被害にあった従業員だけでなく、職場や企業全体に大きなダメージを与えます。セクハラ防止に関...
部門別研修テーマ

海外子会社・駐在員のコンプライアンス研修

海外子会社・駐在員のコンプライアンス研修 研修の目的 海外子会社・駐在員には本社の目が届きにくく、重大なコンプライアンス違反が起こりやすい傾向があります。また、競争法や贈収賄防止法などの分野については、現地の法令によっ...
海外法・外国法の研修テーマ

海外競争法・反トラスト法コンプライアンス研修

海外競争法・反トラスト法コンプライアンス研修 研修の目的 海外競争法は、企業のコンプライアンスにおいて重要となる分野の一つです。アメリカ反トラスト法やEU競争法については、日本企業が国際カルテルなどで摘発を受け、巨額の...
海外法・外国法の研修テーマ

海外個人情報保護法コンプライアンス研修

海外個人情報保護法コンプライアンス研修 研修の目的 近年、全世界で個人情報保護の強化が急速に進んでいます。2018年には、EU一般データ保護規則(GDPR)やカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)が制定される...
海外法・外国法の研修テーマ

海外贈収賄防止コンプライアンス研修

海外増収賄防止コンプライアンス研修 研修の目的 贈収賄の防止は、企業のコンプライアンスにおいて重要となる分野の一つです。日本では、刑法において贈収賄への罰則が定められています。また、グローバルに事業を行う企業では、日本...