銀行・金融機関のコンプライアンス研修

銀行・金融機関 業種別・業界別研修テーマ
銀行・金融機関

金融機関のための研修テーマ

研修の目的

顧客の資産を預かり、高い公共性を有する金融機関には、一般企業に求められる以上に、高度なコンプライアンス 体制の整備と、それを支える強いコンプライアンス意識が求められます。また、近年、相次いで行われている法改正や経済情勢の変化への対応も、コンプライアンス上の重要な課題となります。

当事務所のコンプライアンス研修では、このような業界の特性も踏まえながら、金融機関の企業に必要となる法律知識を分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

都市銀行、地方銀行、信用金庫、協同組合、その他の金融機関の役員、支店長、管理職、従業員など

研修のポイント

ポイント1.一歩先のコンプライアンスへ

金融業界では、他の業界に先駆けてコンプライアンスへの取り組みが進められてきたことから、多くの金融機関では、既に一定の体制が整えられています。その一方で、コンプライアンスについては、継続的な強化・改善が求められているといえます。この研修では、金融機関にふさわしい一歩先のコンプライアンスを目指します。

ポイント2.支店ごとの研修にも最適

金融機関の信頼を守るためには、末端の職員まで意識を徹底する必要があります。しかし、多くの支店を有する金融機関では、コンプライアンスについて、本部では十分な取り組みを行なっていても、個々の支店までは徹底できていないケースも見られます。支店ごとのコンプライアンス研修は、このような課題に対する有効な手段となります。

ポイント3.最新のトピックスを紹介

金融業界は、極めて動きの速い業界であり、コンプライアンスにおいて も常に新しい課題に対応することが求められます。また、様々な企業を融資先とする金融機関は、幅広い業界や社会・経済の動きについても、把握しておくことが求められます。この研修では、金融機関が知っておきたい最新のトピックスについても紹介します。

業種別・業界別研修テーマ

タイトルとURLをコピーしました