コンプライアンス研修計画作成コンサルティング 定義・意味、重要性、作成例

コンプライアンス研修計画

コンプライアンス研修計画作成コンサルティング

コンプライアンス研修計画の定義・意味

コンプライアンス研修計画は、企業・組織において一定期間に実施するコンプライアンス研修について、全体的な計画を定めるための文書です。

コンプライアンス研修計画の重要性

コンプライアンスを全社レベルで徹底するには、コンプライアンス研修計画を立案し、それに沿って研修を実施することが重要となります。また、定期的なコンプライアンス研修に加えて、コンプライアンス・マニュアルの作成や改訂、自社に関係する法改正があったときなどには、その内容を社員に周知・徹底させるために、臨時のコンプライアンス研修を実施することも大切です。

コンプライアンス研修計画の作成例

コンプライアンス研修計画では、研修予算、研修方式、研修対象者、研修テーマ、研修スケジュール・時間・頻度等を決定する必要があります。その際は、コンプライアンス診断の結果を踏まえて、自社のリスクを評価し、研修対象者や研修テーマについて優先順位を決めるとよいでしょう。その上で、すべての社員に対するコンプライアンス研修を一定期間に完了できるように研修スケジュールを決定します。

アクティブ・コンサルティングでは、外部の専門家の立場から、ココンプライアンス研修計画の立案、見直し、研修の実施、研修後のフォローに関するコンサルティングを提供致します。

また、基礎のテーマに加えて、階層別、部門別、業種別・業界別、分野別・法律別など、様々なテーマのコンプライアンス研修のプログラムをご用意しております。

お問合わせ

コンサルティング・研修内容の詳細、コンサルタント・講師の情報、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ