海外法・外国法コンプライアンス・コンサルティング 整備・強化の重要性とポイント

海外子会社・駐在員

海外法・外国法コンプライアンス・コンサルティング

海外法・外国法コンプライアンス体制の整備・強化の重要性

グローバル化が急速に進む中、企業が海外法・外国法の適用を受ける場面は増加しています。特に、競争法については各国が他国の事業者への域外適用を積極的に行っており、また、贈収賄防止法についても、現地子会社や現地事業がない場合であっても適用を受ける可能性があることに注意が必要です。さらに、海外法・外国法に違反した場合の罰則も重くなっており、例えば、アメリカ反トラスト法に違反した場合、数百億円の罰金に加えて、役員や従業員が禁固刑の実刑を受けるおそれがあります。

その一方、海外で事業を展開している企業であっても、海外子会社・駐在員については本社の目が届きにくく、コンプライアンス体制の整備が不十分であったり、現地任せであるケースも多く見られます。海外法・外国法コンプライアンスは、現代の企業にとって急務であるといえるでしょう。

海外法・外国法コンプライアンス体制の整備・強化のポイント

トップのコミットメント

コンプライアンス体制の整備・強化には、トップ自らが率先して取り組むことが必要です。これは、海外法・外国法のコンプライアンスにおいてもあてはまります。特に、海外子会社や海外駐在員には本社の目が届きにくいことから、トップ自らがメッセージを発信し、全社が一体となってコンプライアンスを推進することを強調することが重要です。

現場の法律や文化への理解

海外法・外国法コンプライアンス体制の整備・強化においては、各国の法律について、日本法と共通する部分と異なる部分を理解する必要があります。また、法分野によって、各国間の調和が進んでいる分野とそうでない分野があることにも留意する必要があります。さらに、海外競争法や海外贈収賄防止法などのコンプライアンスにおいては、現地の文化を考慮することも必須となるでしょう。

アクティブ・コンサルティングでは、外部の専門家の立場から、外国法・海外法に対応したコンプライアンス体制の構築を支援するためのコンサルティングを提供致します。

お問合わせ

コンサルティング・研修内容の詳細、コンサルタント・講師の情報、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ