コンプライアンス基本方針・プログラム作成コンサルティング 定義・意味、重要性、作成例

コンプライアンス基本方針・プログラム

コンプライアンス基本方針・プログラム作成コンサルティング

コンプライアンス基本方針・プログラムの定義・意味

コンプライアンス基本方針は、企業や組織のコンプライアンスにおいて基本原則を定める文書です。また、コンプライアンス・プログラムは、コンプライアンス基本方針やコンプライアンス規程に沿って、コンプライアンスを徹底するために作成する具体的な計画です。

コンプライアンス基本方針・プログラムの重要性

コンプライアンス基本方針やコンプライアンス・プログラムは、企業・組織のコンプライアンスの根幹となる重要な文書であるといえます。そのため、作成後も定期的に見直しを行うとともに、その実行状況についても正確に把握しておくことが求められます。

アクティブ・コンサルティングでは、外部の専門家の立場から、コンプライアンス基本方針やコンプライアンス・プログラムの作成から、見直し、現場への周知・徹底まで、幅広いコンサルティング・サービスを提供致します

コンプライアンス基本方針・プログラムの作成例

コンプラインス基本方針には、コンプライアンスに関する考え方、コンプライアンス体制の整備、顧客・取引先・株主・社員等のステークホルダーとの関係等について、基本原則を定めます。さらに、組織や社員の行動指針を定める場合もあります。また、コンプライアンス・プログラムには、コンプライアンスに関する社内規程の整備やコンプライアンス研修の計画などを定めます。

アクティブ・コンサルティングでは、外部の専門家の立場から、コンプライアンス基本方針やコンプライアンス・プログラムの作成から、見直し、現場への周知・徹底まで、幅広いコンサルティング・サービスを提供致します。

お問合わせ

コンサルティング・研修内容の詳細、コンサルタント・講師の情報、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ