1 公務員の心構え

自治体・公務員 自治体・公務員
自治体・公務員

1 公務員の心構え

ポイント1.国民の信頼の確保

行政機関にとって、最も重要となるのが、行政に対する国民の信頼を確保することです。公務員は、国民全体の奉仕者として、公平・中立な行政運営を行うとともに、国民の期待に応えなければなりません。コンプライアンスにおいても、公務員一人一人の地道な取り組みが、国民からの信頼の確保につながっていくといえるでしょう。

ポイント2.法律による行政

行政において、最も基本となる原則の一つが、法律による行政の原理です。行政運営を行う際は、関連する法規範を遵守しなければなりません。その前提として、公務員には、法学の基本的な知識に加えて、憲法、行政法、民法、刑法などをはじめとする様々な法律について、幅広い知識を身につけておくことが必要不可欠であるといえます。

ポイント3.高い倫理観と使命感

コンプライアンスにおいては、法令だけでなく、倫理や社会的規範などについても遵守の対象となります。特に、行政の現場では、法律では想定していない問題が発生したり、公務員一人一人の判断が必要とされる場面も多々あります。公務員には、幅広い法令の知識に加え、高い倫理観や使命感が求められているといえるでしょう。

ポイント4.不正・不祥事の防止

近年、公務員の不正・不祥事に対する社会の関心は、かつてないほど強くなっています。公務員による不正・不祥事が発生した場合は、大きく報道されることも多く、一人の公務員が安易な気持ちで行った行為が、行政全体に対する国民の信頼を損なってしまいかねません。不正・不祥事の防止を徹底していく必要があるでしょう。

ポイント5.職場外での非行の防止

公務員は、職務の内外を問わず、コンプライアンスを徹底しなければ なりません。たとえ職務外であっても、公務への信用を失墜させる行為を行った場合には、懲戒処分の対象となります。特に、飲酒運転については、懲戒免職を含む厳重な処罰がなされることが通常であり、絶対に行わないようにしなければなりません。

自治体・公務員のコンプライアンス研修

研修対象者

自治体、官公庁、独立行政法人、その他の公共団体の公務員、役職員など

自治体・公務員

研修の特徴

・国民や住民全体の奉仕者としての意識を高めます
・職員の非行や不祥事の防止を推進します
・紛争や行政争訟への対応についても取り上げます

ーお気軽にお問合わせくださいー

WEB: お問合わせフォームへ

研修プログラム(例)

※研修プログラムの内容の一例を、項目形式でご覧頂けます。
※実際の研修では、専用のテキストを使用して解説を行います。

  1. 公務員の心構え
  2. 公務員の義務
  3. 公務員の責任
  4. 公務員犯罪と刑事責任
  5. 不正・不祥事の防止
  6. 行政手続
  7. 契約と債権管理
  8. 情報公開と個人情報保護
  9. 行政不服申立てと行政訴訟
  10. 国家賠償と損失補償

タイトルとURLをコピーしました