テレワークのコンプライアンス研修

テレワーク・リモートワーク

テレワークのコンプライアンス研修

研修の目的

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、テレワーク・リモートワークによる働き方が一般的となりつつあります。テレワークには、オフィスのコストの削減、従業員の通勤の負担の軽減、仕事と家事の両立などのメリットがある反面、労働時間の管理、良好な勤務環境の形成、情報セキュリティの確保などのコンプライアンス上の課題もあります。

当事務所のコンプライアンス研修では、上記のような点を踏まえ、テレワーク・リモートワークによる勤務を実施する際に注意すべきコンプライアンスのポイントについて、分かりやすく解説致します。

研修対象者

テレワーク・リモートワークを実施中、又は実施を検討している企業の人事労務担当者、管理職、従業員など

研修のポイント

ポイント1.労働時間の管理

テレワーク・リモートワークによる勤務を実施する場合にも、労働基準法をはじめとする労働関係法令を遵守しなければなりません。特に、労働時間の管理においては、法令やガイドラインの規定を踏まえた上で、正確な労働時間の把握を行うとともに、上限時間を超過することがないように適切な管理を行う必要があります。

ポイント2.良好な勤務環境の形成

テレワーク・リモートワークでは、仕事と仕事以外の区別があいまいになること、悩みを気軽に相談できず孤立しがちな環境になることから、従業員のメンタルヘルスには特に配慮する必要があります。また、セクハラ・パワハラ等のハラスメントも周囲からは見えにくくなるため、これらの防止をあらためて徹底することが求められます。

ポイント3.情報セキュリティ

テレワーク・リモートワークにおいては、情報セキュリティも重要なコンプライアンス上の課題となります。オフィスでの勤務と比べてセキュリティが甘くなってしまいがちですが、営業秘密や個人情報の漏洩のような事態は防がなければなりません。情報通信機器のセキュリティを高める等の技術的な対策を進める一方、従業員の意識を徹底することが必要です。

特別テーマによる研修

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ