アパレル業界のコンプライアンス研修

コンプライアンス研修  >  

業種別・業界別の研修テーマ  >  

アパレル業界のコンプライアンス

アパレル業界の
 コンプライアンス研修
 Apparel

アパレル業界のコンプライアンス研修

アパレル業界のための研修テーマ

研修の目的

アパレル業界は、最も長い歴史を持つ業界の一つであるとともに、若者や女性を含む多様な人材が活躍することが できる魅力的な業界であるといえます。アパレル業界では、企業と製品のブランドやイメージが重視される一方で、 契約や知的財産権をめぐるトラブルが起こりやすく、コンプライアンスには特に注意しなければなりません。

当事務所のコンプライアンス研修では、このような業界の特性も踏まえながら、アパレル業界の企業に必要となる法 律知識を分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

アパレルメーカー、アパレルショップの経営者、役員、管理職、従業員など

業種別・業界別研修テーマ

研修のポイント

ポイント1.契約トラブルの予防

アパレル業界では、衣料品の商品特性や、複雑な取引形態、独自の 商慣行などから、契約をめぐる様々な紛争が発生しやすくなっており、 紛争が起きた際の損害も拡大しやすい傾向があります。契約トラブル の予防のためには、契約や契約書について正確な知識を身につけた 上で、契約内容を遵守する体制を構築することが大切です。

ポイント2.下請法の遵守

アパレル業界のコンプライアンスにおいて、最も重要となる法律の一 つが下請法です。下請法が適用されるかどうかは、取引類型や各企 業の資本金の額などによって判断されます。下請法が適用されると、 商品の取引や代金の支払いについて、様々な義務や禁止事項が課さ れることから、アパレル業界の取引では、特に注意が必要です。

ポイント3.ブランドの保護と商標権

アパレル企業にとって、最大の課題となるのが、自社のブランドをいか にして構築し、保護・活用していくかということです。これを法律面から 支えるのが、商標権などの知的財産権です。アパレル企業では、自社 の権利を守るとともに、誤って他社の権利を侵害することがないよう に、知的財産権について、早くから理解を深めておくことが大切です。

←流通小売業界のコンプライアンス研修へ

飲食業界のコンプライアンス研修へ→