運輸業界のコンプライアンス研修

運輸業界

運輸業界のための研修テーマ

研修の目的

運輸業界では、規制緩和による競争の激化や荷主の要望に対応したサービスの高度化が急速に進んできました。このような中、現場における輸送安全の確保や過重労働の防止、荷主や同業他社との関係の適正化がコンプライアンス上も、重要な課題となっているといえます。

当事務所のコンプライアンス研修では、このような業界の特性も踏まえながら、運輸業界の企業に必要となる法律知識を分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

陸運業、海運業、空運業の経営者、役員、管理職、従業員など

研修のポイント

ポイント1.輸送安全の確保

輸送安全の確保は運輸業界にとって最大の課題です。荷役作業や輸送中の事故を防ぐためには、安全管理や法令遵守について、会社として適切な体制を整備したり、荷主との関係の適正化をはかるとともに、定期的な研修を通じて、個々の従業員の意識を向上させることが大切になります。

ポイント2.過重労働の防止

運輸業界では、24時間体制で運行・運航を行う必要性や、個々の営業所や従業員に本部の目が届きにくいことから、長時間労働が発生しやすいといえます。過重労働の防止が社会的に重要な課題となる中、労働法令を正しく理解した上で、過重労働の防止に向けて全ての従業員の意識の徹底をはかることが大切です。

ポイント3.カルテルの防止

運輸業界のコンプライアンスにおいて、注意が必要となるのがカルテ ルです。カルテルは独禁法上の不当な取引制限として、課徴金や刑事罰の対象となります。運輸業界では、安全運行・運航や業務上の必要性から同業他社と接触する機会も多いため、独禁法やカルテルについて正しい知識を持ち、その防止をはかることが大切です。

業種別・業界別研修テーマ