自動車業界のコンプライアンス研修

自動車業界

自動車業界のコンプライアンス研修

研修の目的

自動車業界の企業には、安全な自動車を製造・販売するため、高いコンプライアンスが求められます。また、取引先との関係を適切に保つための独占禁止法コンプライアンスや、新しい技術に対応した知的財産や営業秘密の保護も求められます。さらに、自動車業界はグローバル化が進んだ業界であり、海外法・外国法コンプライアンスへの対応も必須となります。

当事務所のコンプライアンス研修では、このような業界の特性も踏まえながら、自動車業界の企業に必要となる法律知識を分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

自動車メーカー、自動車部品メーカー、素材メーカー、自動車ディーラー・販売店の経営者、役員、管理職、従業員など

研修のポイント

ポイント1.製品事故の防止

自動車業界の企業にとって、安全な自動車を製造・販売することは最も重大な使命となります。自動車のリコール制度や製造物責任法(PL)法について、関連する法律を理解した上で、適切な体制を整備しておく必要があります。また、海外のクラス・アクション(集団訴訟)を含む消費者訴訟についても、理解を深めておくことが求められます。

ポイント2.独占禁止法・海外競争法

自動車業界において最も注意が必要な法律が独占禁止法と下請法です。過去には、自動車部品メーカーを対象とした国際カルテルの摘発も相次いでおり、海外競争法を含めた独占禁止法のコンプライアンスを徹底することが必要です。また、自動車メーカーと自動車ディーラー・販売店との関係をめぐる優越的地位の濫用や下請法違反の問題にも注意する必要があります。

ポイント3.知的財産・営業秘密の保護

自動車業界の企業にとって、知的財産と営業秘密の保護は、極めて重要な課題となります。知的財産法の全体像を理解した上で、経営とコンプライアンスの両面から戦略的な活用を行うことが望ましいといえます。さらに、近年では、自動運転、ビックデータやクラウドなど、知的財産に関係する新たな動きも起こっており、これらへの対応も求められます。

業種別・業界別研修テーマ

お問合わせ

コンサルティング・研修内容の詳細、コンサルタント・講師の情報、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ