O~Uのコンプライアンス用語を紹介しています

コンプライアンス研修  >  

コンプライアンス用語集  >  

O~Uのコンプライアンス用語

コンプライアンス
用語集
 Glossary

コンプライアンス用語集

O~Uのコンプライアンス用語

■ Perl

Practical Extraction and Report Languageの略で、CGIの開発によく用いられる。 機械語への変換処理を行う必要がないことが特徴である。

■ PHP

正式名称を、PHP:Hypertext Preprocessorといい、HTMLの中に記述することができるスクリプト言語である。 掲示板や予約システムなどの動的なWebページを作成することができる。Java Scriptとは異なり、Webサーバ 上で動作することが特徴である。

■ PL法

PLとは、Product Liabilityの略で、製造物責任法の別称である。

■ POP

Post Office Protocolの略で、電子メールを受信するためのプロトコル。現在のバージョンの数字を付し、POP3 と呼ばれることも多い。POPでは、パスワードは平文のままで暗号化されないことから、セキュリティ保護のために、 SSL/TLSと合わせて用いられることもある。

■ SMTP

Simple Mail Transfer Protocolの略で、電子メールを送信するためのプロトコル。SMTPには認証機能がない ため、先に認証機能を有するPOPにアクセスすることにより、SMTPを利用できるようにするPbS(POP before  SMTP)という認証方式がとられることがある。

■ SOX法

サーベンス・オックスレー法の略称で、2001年のエンロン事件をきっかけに、アメリカにおいて制定された法律。全 11章からなり、監査人の独立性を強化するとともに、内部統制の構築に関する経営者の責任の表明させ、内部統制 の有効性の評価を報告させる制度を導入しており、日本の金融商品取引法内部統制規定に影響を与えた。

■ SSL

Secure Socket Layerの略称で、公開鍵暗号やデジタル証明書などのセキュリティ技術を用いることにより、イン ターネット上のデータを暗号化して送受信することができるプロトコル。個人情報やクレジットカード番号などを扱う Webサイトにおいて、情報の傍受や改ざん、なりすましを防ぐために広く利用されている。

←H~Nのコンプライアンス用語へ

V~Zのコンプライアンス用語へ→