保険業界のコンプライアンス研修

保険業界 業種別・業界別研修テーマ
保険業界

保険業界のための研修テーマ

研修の目的

近年、保険業界を取り巻く環境は大きな変化の中にあります。独立の法典として新保険法が制定されたのをはじめ、重要な法改正が相次いでいます。また、東日本大震災は、保険の重要性をあらためて印象付けました。保険業界には、コンプライアンスの面でも、社会の期待に応えることが求められているといえます。

当事務所のコンプライアンス研修では、このような業界の特性も踏まえながら、保険業界の企業に必要となる法律知識を分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

生命保険会社、損害保険会社の経営者、役員、管理職、従業員など

研修のポイント

ポイント1.保険業界のコンプライアンスに対応

保険会社は守秘性の高い個人情報を取り扱うことや、多額の保険金の管理・支払いを行うことから、他の業界以上に高度なコンプライアンスが求められます。既に内部で一定の取り組みを行っている場合であっても、外部の講師による研修は、新しい視点からコンプライアンスを改善・強化する上で、有効な手段となります。

ポイント2.営業社員への研修にも最適

保険業界では、本社だけでなく、各営業所におけるコンプライアンスの徹底が求められます。保険募集に関する保険業法等の法令の遵守はもちろん、無理なノルマの強要、パワハラやセクハラなどの労働トラブルの防止も徹底しなければなりません。各営業所におけるコンプライアンス研修として、この研修を活用して頂くことも可能です。

ポイント3.最新のトピックスを紹介

保険会社の業務は、幅広い業種の企業や個人の方を対象としています。また、近年では、個人情報漏洩保険なども登場しており、様々な形でコンプライアンスに関わる機会も多くなっています。この研修では、他業界や社会全体の動向も含めて、保険会社が知っておきたいコンプライアンスに関する最新のトピックスを取り上げます。

業種別・業界別研修テーマ

タイトルとURLをコピーしました