環境業界のコンプライアンス研修

コンプライアンス研修  >  

業種別・業界別の研修テーマ  >  

環境業界のコンプライアンス

環境業界の
 コンプライアンス研修
 Environment

環境業界のコンプライアンス研修

環境業界のための研修テーマ

研修の目的

環境業界は、歴史が新しく、急成長を遂げる企業も多いことから、それに合ったコンプライアンスを整えることが急務 となっています。また、環境業界の企業は、自社のビジネスを通じて、顧客の環境コンプライアンスを支援する立場 にあるといえ、コンプライアンスについて幅広い知識を身につけておくことが重要です。

当事務所のコンプライアンス研修では、このような業界の特性も踏まえながら、環境業界の企業に必要となる法律知識 を分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

エネルギー、省エネ、CO2削減、水供給等の事業を行う企業の経営者、役員、管理職、従業員など

業種別・業界別研修テーマ

研修のポイント

ポイント1.環境法の全体像

環境コンプライアンスにおいて基本となるのが、環境法です。特に、 環境業界の企業では、自社のビジネスが環境法とどのように関わる のかを、正確に把握しておくことが不可欠であるといえます。さらに、 環境法の全体像や主な法律の概要等についても、幅広い知識を持 ち、顧客のニーズや信頼に応えられるようにすることが大切です。

ポイント2.知的財産の保護

環境業界には、画期的な技術や高度なノウハウを持ち、これらを活か して、ビジネスを行っている企業が数多く存在しています。その一方、 これらの技術やノウハウの保護については、いまだ、社内の意識や体 制が不十分であるケースも見られます。必要な法律知識を持った上 で、知的財産の保護と活用をはかることが大切です。

ポイント3.契約トラブルの防止

環境業界では、設備の導入等について、取引の金額が多額になった り、契約期間が長期間に及ぶことも珍しくありません。また、削減効果 に連動した成果報酬を定めるなど、複雑な内容の契約も見られます。 そのため、環境業界の企業には、契約に関する法律知識を踏まえて、 契約トラブルの予防をはかっていくことが、極めて重要となります。

←IT業界のコンプライアンス研修へ

学校・教育機関のコンプライアンス研修へ→