裁判・訴訟法のコンプライアンス研修

裁判・訴訟法 法律別・分野別研修テーマ
裁判・訴訟法

裁判・訴訟法に関する研修テーマ

研修の目的

民事訴訟は、企業の行為が、法律や契約に違反しているかどうかが、終局的に判断される場となります。そのため、訴訟法や訴訟対応に関する実務的な知識は、コンプライアンスとの関係でも重要といえますが、他の分野と異なり、企業内での通常の業務を通しては、学ぶことが難しい分野であるといえます。

当事務所のコンプライアンス研修では、上記のような点を踏まえ、裁判・訴訟法とコンプライアンスに関するテーマについて、分かりやすく解説するカリキュラムをご提供していきたいと考えております。

研修対象者

裁判・訴訟法に関心のある企業の経営者、役員、管理職、従業員など

研修のポイント

ポイント1.紛争解決手続の種類

紛争解決のためには、裁判以外にも、交渉、ADR、調停などの手続があります。それぞれの手続の特徴を比較した上で、紛争の種類や内容に応じて、どのような方法を選択すればよいのかを、理解しておく必要があります。さらに、労働紛争のように、特別な紛争解決手続が数多く存在している分野もあることから、注意が必要です。

ポイント2.民事訴訟の流れ

民事訴訟では、訴えの提起から、判決の確定に至るまで、裁判所において様々な手続が行われます。その間、原告や被告は、訴訟の進行に応じて、書類の作成や証拠の準備などを行わなければなりません。企業の担当者としては、訴訟の基本的な流れとともに、どの時点で、何を行えばよいのかということを理解しておくことが必要です。

ポイント3.証拠の種類

裁判において、最も重要となるのが証拠です。民事裁判における証拠 は、人証と物証に分けられ、文書や証人のほか、電子メール、写真や録音テープなども証拠となる場合があります。証拠についての民事訴訟法の規定や、証拠の種類ごとの注意点を踏まえた上で、平時から、十分な文書や情報の管理を行うことが重要です。

法律別・分野別研修テーマ
タイトルとURLをコピーしました