Oka123

病院・介護施設

7 医療過誤と民事上の責任①

7 医療過誤と民事上の責任① ポイント31.民事上の責任とは 民事上の責任とは、医療過誤を起こした医師や医療機関が、患者やその家族から、損害賠償の請求を受けることです。行政上の責任や刑事上の責任とは異なり、患者に対する...
病院・介護施設

6 医療過誤と刑事上の責任

6 医療過誤と刑事上の責任 ポイント26.刑事上の責任とは 刑事上の責任とは、医療過誤を起こした医師が、刑事手続により刑罰を課されることです。以前は、医療過誤事件が刑事事件になることは 多くありませんでしたが、近年では...
病院・介護施設

5 医療過誤と行政上の責任

5 医療過誤と行政上の責任 ポイント21.医療過誤に対する法的責任 病院・医療機関のコンプライアンスにおいて、最も重要な課題となる のが、医療過誤・医療事故の防止です。万が一、医師や看護師等が医療過誤を起こしてしまった...
病院・介護施設

4 患者への説明義務

4 患者への説明義務 ポイント16.説明義務の根拠と種類 医師の義務の中でも、重要性が高まっているのが、説明義務です。 説明義務の根拠は、患者との診療契約にありますが、医師法や医療法などの法律にも規定があります。また、...
病院・介護施設

3 守秘義務と個人情報保護

3 守秘義務と個人情報保護 ポイント11.守秘義務の意義 守秘義務は、医療関係者にとって最も基本となる義務であり、古くから職業倫理として存在してきました。守秘義務の根拠は、医師が適切な治療を行うためには、患者から必要な...
病院・介護施設

2 医師法上の医師の義務

2 医師法上の医師の義務 ポイント6.医師の義務の種類 医師は、高い公益性を有する職業であり、法律上、名称独占や業務独占、治療行為における広範な裁量が認めらる一方、様々な義務も課されてます。医師の義務は、大きく分けると...
病院・介護施設

1 医療と法律の関係

1 医療と法律の関係 ポイント1.消費者の信頼の確保 医療機関は、人の生命や健康を託される存在です。医師、歯科医師、 薬剤師、看護師などの免許は、法律に基づく特別な国家資格であり、 権限や義務の根拠となる法律への理解が...
流通小売業界

1 流通小売業の特徴

1 流通小売業の特徴 ポイント1.消費者の信頼の確保 流通小売業は、メーカや卸と異なり、消費者と直に接する業種です。そのため、コンプライアンスにおいても、消費者の信頼を確保することが重要となります。顧客情報の保護はもち...
経理・財務部門

10 経理の不正を防止する内部統制②

10 経理の不正を防止する内部統制② ポイント46.適切なコミュニケーション 経理業務における不正の多くでは、不正行為を行う者が金銭問題を抱えていたり、会社への不満を持っていることが背景となっています。 私生活に過度に...
経理・財務部門

9 経理の不正を防止する内部統制①

9 経理の不正を防止する内部統制① ポイント41.役割の分担 経理業務における不正を防止するために最も基本となるのが、複数の担当者や責任者が業務を分担する体制を構築することです。現金、預金、郵便切手や印紙などの着服を防...